Homeへ戻る
事業紹介
分析・試験装置
ガス吸着関連製品
Model:BP-1
全自動触媒ガス吸着量測定装置
ガス吸着量測定装置
 
本装置は、触媒のキャラクタリゼーションを行うため、吸着物質の吸着状態や反応性の解明、触媒の反応機構を分析するためのものです。
 
 
概要
近年より開発重要度を増す燃料電池改質触媒、セル白金電極や自動車用排ガス触媒。それらに用いられる貴金属触媒などの評価をCOパルス法にて高性能でシンプルにハイコストパフォーマンスを追及致しました。
また大気などの噛み込みを徹底的に排除し、時代のニーズにあったエッセンスを取入れたコンパクトな装置がBP−1です。触媒学会 参照触媒委員会の標準マニュアル準拠品です。
特徴
パルス専用機種として高性能、ハイコストパフォーマンスを実現いたしました。
パルス吸着後に昇温脱離(TPD)も可能です。
信頼性のあるパージハウジング型パルスコックを搭載し、さらに分析時に動作する自動バルブをパージBOXに納め大気の噛み込みを低減しました。
オプションにて最大2台まで注入容量の異なるパルスコックを装備する事ができます。
研究者の”One's way of thinking"を大切に!
分析シーケンスや計算ソフトは任意に設定可能です。
軽量コンパクトな卓上型のシステム。
付属のノート型ワークステーションにより自動運転・自動分析が行えます。
触媒の高温前処理から吸着温度へのステップに自動冷却システムを採用しています。
ガスクロメーカーとして実績のあるオリジナル4素子独立型TCD検出器を使用し高S/N比分析が可能です。
仕様
 
吸着ガス種 CO,H2など
前処理温度 50〜600℃
昇温速度 1〜20℃/min
繰返し再現性 ±1%(ブランクテスト1cc計量管にて)
検出器 熱伝導度型検出器(4素子独立型)
大きさ W=600 H=600 D=600
電源 AC100V, 7A, 50/60Hz
 
ワークステーション
 
DOS/V A4オールインワンノート
OS Windows XP (Home Edition)
Windows2000も可
プリンタ インクジェットタイプ
 
当社オリジナルの自動分析、データ処理システムです。
 
必要ユーティリティ
 
ガス 供給圧力
He キャリアガス(純度99.99%以上) 200kPa
H2 還元処理用 200kPa
O2 酸化処理用 200kPa
CO 吸着ガス(希釈ガスにも対応) 200kPa
AIR バルブ駆動及び冷却用 450kPa
 
オプション
 
パルス計量管付コック パルス計量管は標準0.1ccまたは1cc(他のサイズについてはご相談下さい)
サンプル管 サイズφ10φ16φ20 パイレックス・石英から選択できます。
パージ付COボンベ減圧弁 安全にボンベ交換を行うことができるパージバルブ付きです。
OXYトラップ,水分トラップ 高精度の分析にご使用ください。
水素ガス検知器 警報時に装置を安全にシャットダウンすることができます。
COガス検知器 警報時に装置を安全にシャットダウンすることができます。
地震感知器 揺れを感知して装置をシャットダウンすることができます。
 
フロー画面
 
グラフィック画面のバルブを直接クリックしながらシーケンスを視覚的にプログラムすることができます。
*分析シーケンスをプログラムする際に、バルブの向きやガスの流れが一目で判る親切設計です。
データ画面
 
 
パルスデータの結果表示、再計算の条件を設定し担持金属分散度、金属比表面積、結果をレポートします。
 
前のページへ戻る
 
このページの先頭へ
ヘンミ計算尺株式会社 個人情報保護方針 サイトマップ お問い合わせ