Homeへ戻る
事業紹介
分析・試験装置
試験装置関連製品
Model:FCV1001
燃料電池小型セル試験装置
全炭化水素連続測定装置
触媒反応装置用自動制御ソフトウェア
コンパクトフロー
 
本装置はPEFC小型単セル燃料電池の試験装置です。電池の温度、供給ガスの温度、湿度、流量を変化させ色々な条件での燃料電池の特性を試験します。シーケンスプログラムにより繰返し起動停止試験、繰返し負荷変動試験等を自動で行うことが出来ます。また、無人で自動運転するため、各種の安全装置を装備しております。
 
基本構成

本装置は以下の部分より構成されています。
・水素供給部
・空気供給部
・加湿部(自動給水含む)
・温度制御部
・シーケンサー
・電子負荷装置(発電評価)
・安全装置

 

 

 

 
各部の主な構成製品
水素及び空気供給部 流量制御ライン マスフローコントローラ 10〜500SCCM(H2及びAir)
パージライン 有り(N2
その他部品 減圧弁、圧力計 0〜400KPa
加湿部
(自動給水含む)
加湿部バブラー 容量 1.5リットル
加 熱 方 法 シースヒーター
加湿水供給 方式 ダイヤフラム式定量ポンプ又は別置自動給水装置
電子負荷装置
(発電評価)
電子負荷装置 最大損失電力 150W
電 圧 範 囲 0〜110V
電 流 範 囲 0〜30A
温度制御部 温度制御計 方式 PID時間比例制御
熱電対 過昇温警報 有り
種類 シース型JIS-TまたはJIS-K
シーケンサー 制御ポイント 各部温度設定、ガス流量設定、電子負荷装置設定
運転動作 連続運転試験、負荷変動試験、繰返し起動停止試験 他
安全装置 警報種類 各部温度異常、地震、停電(無停電電源搭載)
オプション 水素ガス警報器、漏水検知器 他
前のページへ戻る
 
このページの先頭へ
ヘンミ計算尺株式会社 個人情報保護方針 サイトマップ お問い合わせ